So-net無料ブログ作成
検索選択

軽度知的障害の求人・仕事の探し方 [軽度知的障害の求人]




軽度知的障害の方の仕事の探し方で悩んでいる当事者の方や親御さんも多いと思います。
そこで軽度知的障害の方向けの仕事の探し方はどんな方法があるのか調べてみました。

【支援学校から就職する方法】
軽度知的障害者の方の仕事の探し方の一つで、支援学校に通っているのなら支援学校からの紹介で仕事を探すという方法があります。
この場合は学校が就職を斡旋するわけではなく、支援学校側に企業が求人募集をかけてきます。
この方法で大手企業の障害者雇用枠で採用される方も多いようです。

【授産施設からの就労支援を活用する方法】
軽度知的障害の方が仕事を探す探し方として、授産施設からの就労支援を活用する方法があります。 これには、ある程度授産施設に通所しなければならない場合が多いのですが通所しているとお友達も出来ますので楽しいですよ。
また就職する場合は就労支援の先生方と何度も相談を重ねて就労していくことが大切です。

【就労移行施設からの就職方法】
軽度知的障害の方が仕事を探す探し方として、就労移行施設から一般企業に就職する方法があります。
これも先ほどの授産施設からの就職の流れと同じような感じで、まずは施設に所属します。
そこからある程度期間を経て就労支援コーディネーターなどと話をしながら就労支援をうけます。

【トライアル雇用でお試し雇用してもらう方法】
軽度知的障害の方に限らず障害者雇用の仕事の探し方として「トライアル雇用」というものがあります。
トライアル雇用の場合3ヶ月を上限として雇用されます。
また、その先の雇用は企業が本採用をしてくれれば就職できるという仕組みになっています。

【ハローワーク障害者雇用窓口を利用する】
軽度知的障害の方の仕事の探し方としてはーローワークの障害者雇用窓口を利用する方法があります。
この場合は、障害者手帳所持者という条件があります。
もし障害者手帳をお持ちなら、ハローワークの障害者雇用枠で仕事を探すと良いでしょう。

【専門誌や専門サイトで探す方法】
今や軽度知的障害に限らす障害者の仕事の探し方は専門誌が出るほどです。
特に年4回発行の「ラサ~ナ」は毎年就職セミナーを開催するほど有名です。
また障害者雇用専門サイトもありますのでインターネットを活用してみるのも良いでしょう。

軽度知的障害の方の仕事の探し方は、色んな方法があります。
仕事の探し方で不安に思ったならお住まいの市役所「障がい福祉課」に相談してみるのも一つの方法です。

【実績NO.1】障がい者求人サイト
nice!(0) 

軽度知的障害の就職活動での注意点 [軽度知的障害の就職活動]

軽度知的障害の方や親御さんは、就職活動についての注意点はないのか不安になっていると思います。
そこで軽度知的障害の方が就職活動をするときの注意点について色々と調べてみました。

【まずは手帳の申請をしましょう】
軽度知的障害の方に限らず障害者雇用枠で就職活動をするには注意点があります。
それは「障がい者手帳」を申請することです。
申請書は市役所の障がい福祉課か通院している病院の窓口で相談してもらうと良いでしょう。

【何は無くとも障がい者手帳!】
軽度知的障害の方の就職活動の注意点として障がい者手帳の有無があります。
障がい者手帳があればハローワークでの障がい者枠雇用サービスが受けられるほか、民間サービスでの料金割引が有効になる場合があります。
ハローワークでの障がい者雇用サービスは障がい者手帳が必要になりますので必ず取得しておきましょう。

【知的障がいでは申請できない場合はどうすれば良いのか】
軽度知的障害の就職活動の注意点として、障がい者手帳が受理してもらえない場合があります。
それは、軽度すぎて知的障害の手帳の申請が出来ない場合です。
たとえば大人のADHDやアスペルガー症候群や発達障害などの場合、軽度であれば知的障害として認定できない場合があります。
この場合は精神障がい者手帳を申請すると良いでしょう。

【面接の練習は自信が付くまで繰り返すこと】
軽度知的障害の方の就職活動の注意点として、面接の練習をあらかじめ何度も行うことが大切です。
面接で聞かれることを紙に書いて福祉施設の方や就労支援コーディネーターの方と何度も練習しましょう。

【不安な場合は付き添いをお願いしましょう】
軽度知的障害の方の就職活動の注意点は他にもあります。
面接の時に緊張してしまっては大変です。
ですので練習を積み重ねても失敗しそうだと不安な場合は施設の方や就労支援コーディネーターの方に付き添いをお願いしてみましょう。

軽度知的障害の就職活動での注意点は実に様々です。
面接では自分の得意なことや不得手なことや対処法などを自分の言葉で伝えるようにすると良いでしょう。

【実績NO.1】障がい者求人サイト
nice!(0) 

軽度知的障害の方におすすめの職種 [軽度知的障害の職種]

軽度知的障害の人の職種は一般よりも少し少ないと思われがちです。
また子供さんが軽度知的障害で将来仕事を付くときにどんな職種を選べばよいのか不安になっている親御さんや当事者の方も多いでしょう。
そこで軽度知的障害の方の職種などについて調べてみました。

【大切なのはコミュニケーション力】
軽度知的障害の方に限らず一般的にも就職する場合はコミュニケーション力が必要といわれています。
軽度知的障害の方の場合も職種を決める前にコミュニケーション力があるか否かを考えると良いでしょう。

【上手なことを活かそう!】
軽度知的障害の方の職種探しは本人の得意なことに着目するとよいでしょう。
例えば手先が器用なら工場内の軽作業を仕事にするのも一つの方法です。
またコミュニケーション上手で電話の受け取りなどが出来る程度の方なら事務の単純作業を仕事にするのもよいでしょう。

【大手企業で障害者雇用している会社に注目しよう!】
軽度知的障害の方の職種探しで注目して欲しいのが大手企業です。
例えば大手企業のユニクロでは障害者雇用促進をしています。
勿論、軽度知的障害の方の採用実績もありますので安心してトライすることができるでしょう。

【町の小さなお店で働くこともできる!】
軽度知的障害の方は職種選びに困る時があると思います。
大手企業での採用がないのは障害者に限らず今や健常者にもよくある話です。
しかし、そこで諦めては折角のオリジナリティーが勿体無いです。
最後まで諦めずに職種を選びましょう。
そこでオススメなのが町の小さなお店で働くことです。
小さなお店だと従業員も少ないですのでイジメなどもあまりありません。

軽度知的障害の方の職種は自分の出来ることに注目すれば視野は広がります。
自分が得意としていることをはっきりと自覚して職種を決めていくとよいでしょう。

障がい者を支援する就職・転職実績NO.1求人サイト「ウェブ・サーナ」
nice!(0) 
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ 51 dummydummy dummy dummy

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。